Healthy Planet

We understand that we’ve got a responsibility — and an opportunity — to step up and improve our impact on people and the planet. Over the past several years, we’ve made important progress, achieving our goal of sending zero waste to landfills from our facilities. We also are reducing our direct Greenhouse Gas (GHG) emissions through renewable energy and energy efficiency while making significant strides to reduce food and other waste at all 126 of our production facilities around the world.

Even as we continue to improve the environmental impacts of our direct operations, we realize that the lion’s share of our impact on the planet comes from our extended supply chain. For example, roughly three-quarters of our GHG emissions come from the agricultural practices and land-use change associated with growing the ingredients we need to make our products. The engines driving global business — our supply chains — are broken, and we are working to transform them.
 
After a thorough review of our resource use across our entire value chain (from farms to factories to family tables), we now have a better understanding of our imprint on the planet, specifically how our business impacts climate change, water stress and land use. And we have a plan to tackle these issues, both internally and through participation in programs like Champions 12.3, which aims to accelerate progress toward achieving the United Nations’ Sustainable Development Goals.
 
The science is clear, and so we’ve set ambitious goals in climate action, land management and water stewardship to help achieve our vision of a healthy planet and healthy people. We are working to tackle these issues in key raw-material supply chains — cocoa, rice and mint (which we talk most about), plus palm oil, beef, pulp and paper, soy and dairy — around the world.

Mars relying on solar panels for energy use.

温暖化防止対策

人類の温室効果ガス(GHG)排出量は、大気の構成を変え、平均気温の上昇や極端な気温の上昇から降雨パターンの変化、さらにはより深刻で予測しにくい嵐といった影響を世界中の人々が感じ始めています。

最も深刻な結果を回避するために、気候変動に関するパリ協定で示すように、地球の温度上昇を2℃以内に抑制する必要があることを科学は示唆しています。マースが果たすべき役割として、バリューチェーン全体の温室効果ガス(GHG)排出量を2025年までに27%、2050年までに67%削減するという目標を設定しました(2015年比)。

Healthy Planet - 3a

水資源保護

水不足の問題は全世界の40%の人々に影響を与えており、人口増加に伴いこの割合は上昇の一途をたどっています。農業は水を最も多く使用する産業であることから、水を持続的に管理していくために、マースのバリューチェーンで何がどのように、どこで生産されているかを注視する必要があります。

Mars_Land Use_IMG_8088_0

土地活用

マースでは、日々、世界中の農家からコメ、カカオ、バニラなどの原材料を調達しています。何百年もの間、農業改革が農作物の生産高を向上させ、増え続ける人口に必要となる食料を供給しましたが、その成長は、土壌の質の低下や肥料や農薬の流出、そして気候変動問題などを含む新たな課題を農業にもたらしました。

これらの課題は処置を要するもので、次世代が生物多様性や天然資源を利用・保存できるように、土地の保全が必要になります。

透明性と評価

マースは、再生可能エネルギーや森林破壊から水利用に至るまで、サステナビリティにおける目標を達成するためのポリシー、姿勢や行動計画を引き続き策定していきます。

Worker documenting recycled packaging

リサイクル可能なパッケージ

パッケージはマースのすべての製品の中核を成し、輸送時に中身を保護し、鮮度を保ち、マースのブランドを差別化するといった機能を備えています。マースは、パッケージの環境に対する重要性を認識しているため、2025年までに100%リサイクル可能なパッケージの利用を目指しています。

この目標を達成するために、私たちはパッケージそのもの以外のことも変えていきたいと考えています。マースは、消費者に対して責任あるパッケージの廃棄方法を推奨します。また、使用後のプラスチックの90%以上を正しくリサイクルできるプラスチック選別設備を開発し、リサイクル・インフラの変革に取り組みます。