Eyebrow
マースで働く女性たち
Heading
イブテハル・ファティ、インクルージョン&ダイバーシティ責任者
Subheading
マース コーポレート P&O(人事)、アラブ首長国連邦、ドバイ
Body

秀でる者:イブテハル・ファティは、マース リグレーの生産工学部と工場管理部で14年の経験を積んできました。彼女には経験があり、科学界の女性(#WomenInScience)が成功を収める上で何が必要であるかを心得ています。また、メンターシップの提唱者ともなり、アジア・オーストラリア、中東、そしてアフリカ地域における女性のリーダーシップ育成を支援するプログラムの成功を牽引してきました。

真の苦闘:「長い間、マースで働く女性は、財務、医学、研究開発、エンジニアリングやそれ以外の多くの分野で活躍しています。その事実を私たちは喜ばしいことととして認識すべきです。ですが、科学の分野において、女性はしばしば専門的、個人的、文化的な一般常識の壁に直面しています。特にキャリアアップの面でそれが顕著です。」

自分の仕事を愛する理由:「科学分野における女性の存在について、そしてマースの女性支援について、語る機会があることは素晴らしいことです。質の高い意志決定を行い、常識を超えた考え方を実現するには、男女の適切なバランスが重要だということに関して、私たちはこれまで以上に同意見を持っています。このバランスを機能させることこそが、インクルージョン(一体性)なのです。そして、この側面で魔法が起こるのです。リーダーとしてどのように振る舞い、インクルージョンと多様性の例によって、私たちがいかに公然と支援する姿勢を示し見本となるかが非常に重要です。」

若い頃の自分に伝えたいこと:「仲間として認められたいがために男性のように振舞ったり、男性のように話したり、言動をまねることをやめること。女性には、男性とは異なる思考回路、スキルの数々、アプローチ、見解という、男性の中に溶け込むために諦めるべきではない貴重な財産があるのですから。オリジナルであること。本当の自分らしくいること。」

イブテハルのような女性は、マースの現場と経営の場にインクルージョンと多様性をもたらし、私たちが日々敬意を表する多くの力を秘めたマースで働く女性たち(#WomenOfMars)のひとりです。

マースについて
マースについて