Eyebrow
マース ペットケア
Heading
ペットフレンドリーなオフィスを導入して10年
Subheading
人々のベストフレンドを職場に
Body

ペットは世界をより良い場所にしてくれます。オフィスについても同様であると考えています。過去10年間、マース ペットケアはペットフレンドリーなオフィス環境づくりを実践してきました。ペットがオフィスに快く迎え入れられるだけではなく、オフィスの文化においても欠かせない存在になりました。

オフィスでペットと共に過ごしてきた10年で、仕事が楽しくなるだけにとどまらない効果が見られるようになりました。ペットとの交流は、生産性を向上させ、職場のストレスを軽減し、人々をアクティブに保ち、社会的な交流を促進します。そして、その効果は、ペット自身にも見られます。ひとりではなく飼い主と一日を過ごせることで、ペット自身もより充実した毎日を送ることができるのです。マースは、利点はそれだけではないと考えており、ペットが人にもたらす利点をよりよく理解するために、他のどの企業よりも多くの投資を行い、ペットと飼い主の両方にとってより良い明日を確保するために役立てています。

過去10年で、犬の散歩ルート、遊び場、犬に優しい会議室、アクティビティエリアなど、ペットを念頭に置いて設計されたオフィスに投資してきました。また、オフィス全体で「Petiquette Policy(ペット+エチケット ポリシー)」や「Paw-ternity Leave(犬猫を迎え入れる際の有給休暇)」を整備しており、アソシエイトは、ペットを迎え入れた際に、新しい家に慣れ親しむために10時間の有給休暇を取ることができます。ペットフレンドリーなオフィスとして、今後10年は、オフィススペースにより多くのペットと共存できるアメニティやサービスを整備し続けていきたいと考えています。

85,000人以上のペット好きなアソシエイトにとっても、こうしたオフィス環境は嬉しいものです。フワフワな毛をまとった友人が机の横に座っていることで、マースの仕事熱心なアソシエイトたちは、マース ペットケアのためだけではなく、すべてのペットのために一緒になって働くことができるのです。

マースについて
マースについて