Eyebrow
M&M'S®に10年ぶりの新キャラクターが登場!
マースの展開ブランドであるM&M'S®は、FUN(ワクワク)の力を使って 日々の幸せと帰属意識を刺激し続けるブランドとして、 新しいキャラクターのグローバルデビューを祝います

 

 

米国ニュージャージー州ニューアーク(2022年9月28日)マースのチョコレートブランドのひとつであるM&M'S®は、10年ぶりに新キャラクターであり「スポークス キャンディー」でもある、アイコニックなブランドキャラクターに「パープル」を迎えます。

M&Ms_Purple.png

M&M'S®の新キャラクターのパープルは、アクセプタンスとインクルーシブ(受容性)を表現するデザインで、真摯な自己表現で知られています。パープルの鋭い自己認識、信頼性、自信は、彼女の魅力と風変わりな性格の原動力となっています。パープルは、今年1月に見た目と個性を一新したM&M'S®の伝説的なキャラクターたちに仲間入りします。

マース リグレーのグローバル マーケティングVPのジェーン・ホワンは、次のように述べています。
「マースは、M&M'S®キャラクターの新メンバーをグローバルデビューさせることを嬉しく思っています。本来の自分を受け入れようとする姿勢など、パープルには共感できる部分が多く、私たちに自分らしさを大切にすることを思い出させてくれる存在です。私たちの使命(Purpose)の物語は、まだ始まったばかりで、M&M’S®の新しい『スポークス キャンディー』の登場は次の章にあたり、M&M'S®ならではのFUN(ワクワク)を提供し続けファンを喜ばせ続けていきます。」

アートとエンターテインメントは、人とのつながりやワクワクを刺激するパワフルな方法です。パープルは、グローバルデビューを記念して、初のシングル曲と動画をリリースし、音楽の力を借りてパープルの個性を表現しています。「I'm Just Gonna Be Me(私は私らしく)」というタイトルのデビュー曲には、サックス奏者のグレース・ケリー、ダンスと振り付けの巨匠デヴィン・サンティアゴとコロ・カグ、著名なオペラ歌手のアンソニー・ロート・コスタンゾ、そしてレッド、イエロー、オレンジ、ブラウン、ブルー、グリーンのM&M'S®のキャラクターたちが特別参加し、非常に才能あふれる人々でパフォーマンスが繰り広げられています。M&M'S®と共に「I'm Just Gonna Be Me」の制作に携わったクリエイターの詳細は、M&M'S Purpose - For All Funkindで紹介しています。

2025年までに1,000万人の帰属意識を高めるというブランドのミッションに対する影響を追跡することを目的としたグローバルなイニシアチブである「M&M'S® FUNd(M&M'S®のワクワク基金)」の一環として、「I'm Just Gonna Be Me」は主要な音楽配信プラットフォームで視聴可能で、インクルーシブ(受容性)な芸術とエンターテインメントを支援します。音楽を通じて世界中の何百万人もの人々に希望、つながり、使命(Purpose)をもたらすために、ストリーミング再生1回につき1ドル(最大50万ドル)を芸術の力を活用する非営利団体Sing for Hopeに寄付します。

M&M'S®の新キャラクターに関する詳細とパープルの新曲のストリーミング再生については、M&M'S®のFacebookInstagramTwitterをご覧になるか、MMS.comにアクセスしてください。

 

マース インコーポレイテッドについて
マース インコーポレイテッドは、「私たちが望む明日の世界の実現は 今日の私たちのビジネスへの取り組みから始まる」という使命(Purpose)に基づいて事業を展開しています。家族経営のグローバル企業として、マースは私たちを取り巻く世界にポジティブな影響を与えられるよう、変革、革新、進化を続けています。
 
菓子、食品、ペットケア製品およびサービスの多様で拡大するポートフォリオ全体で、14万人以上のアソシエイト(従業員)が働いています。年間売上高約450億米ドルを誇るマースは、Ben’s Original™、シーザー®、Cocoavia®、DOVE®、EXTRA®、KIND®、M&M’S®、スニッカーズ®、ペディグリー®、ロイヤルカナン®、カルカン®/WHISKAS®など、世界で愛されているブランドを製造しています。また、AniCura、バンフィールド™動物病院、BLUEPEARL™、Linnaeus、VCA™などのペット病院や診断サービスのグローバルネットワークを通じて、遺伝子健康診断やDNA検査における画期的なプログラムを最先端の技術で開発し、ペットのためのより良い世界を実現しています。

マースについて詳しくは、mars.comをご覧ください。なお、FacebookTwitterLinkedInInstagramYouTubeでも情報を発信しています。(英語)

 

※本資料は2022年9月28日に米国ニュージャージー州ニューアークで発表されたプレスリリースの参考翻訳です。英文の原文と翻訳内容に齟齬がある場合には原文が優先します。

 

(2022年9月28日 発表)